遮音カーテンの特徴

遮音カーテンとはどのようなカーテン?

遮音カーテンとは、字の通り音を遮るカーテンのことです。内側の音が外に漏れることを防いでくれると同時に、外部の音を反射させて抑えてくれます。遮音カーテンが内部の音を漏らしにくいのは、カーテンが音を吸収してくれるからです。つまり、遮音カーテンは、内部の音を吸収する役割と外部の音を反射してくれる役割を持っていることになります。遮音カーテンに使われる生地は、ベルベットや二重織など適度に厚みを持たせることで音を吸収しやすくなるような素材でできています。

部屋の音が気になる場合、通常は対策として防音壁などを使うことは多いですが、新築の段階で工事を行っていないとリフォームするしかありません。後から工事を行うことは可能ですが、相応の費用がかかります。また、賃貸物件のように居住者が勝手に工事やリフォームを行えないような場合には、遮音カーテンを使うと便利です。ただし、遮音カーテンを使うことで完全に音が遮断できるということではありません。遮音カーテンはあくまで音を軽減させることが目的であり、音質や音量によっては聞こえてしまうことはあります。さらに、下げたときに隙間ができているとそこから音が漏れることになります。

遮音カーテンの選び方と使い方

遮音カーテンは、隙間を作らないように下げることで効果を最大限に発揮できます。そのため、購入するときには窓のサイズにきちんと合ったものを選びましょう。遮音カーテンを購入するときは、サイズを正確に測ることがポイントです。あらかじめサイズが決まった製品もいろいろ出ているので、インテリアショップなどで購入することもできます。ただし、特殊なサイズの窓で既製品では合わない場合や、どのような素材を選んだらいいか迷ったときには、カーテン専門店でオーダーするのも良い方法です。素材は、音を吸収しやすいよう、厚みのあるものや折り方が工夫されたものを選ぶのがポイントといえます。 遮音カーテンは、寝室や赤ちゃんを寝かせておく部屋などに適しています。外部の音を軽減してくれるため、睡眠の妨げになる騒音を抑えてくれます。または、交通量が多い通りに面した子供部屋に使うのもいいでしょう。屋外の音を反射してくれる効果があるため、その分勉強に集中できます。遮音カーテンは内部の音を吸収してくれるので、ピアノなど楽器を練習する部屋やペットを買っている部屋にも適しています。その他、隣家の話し声が気になるというときにも、遮音カーテンを使うことで軽減できるかもしれません。

ミラーレースについて

遮音カーテンについて